この度は当ホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
初めまして、『視力回復研究所』代表の山本です。


 どんな病気でも同じですが、その原因がわかれば回復の方法はおのずからはっきりいたします。
逆に、本当の原因がわからないままに様々な手を打っても回復は難しいでしょう。


 これまでの視力回復は、その根本原因を明らかにする研究がほとんどなされないまま
器械や目のトレーニングが延々と行われてきました。


 そんな折、『重度のむち打ち症(首)の後遺症に悩む方は視力低下する率が高い』という
医療関係者の話を聞き、首の筋力と視力の関係に関する研究を20年前にスタートさせました。


 同時に回復プログラムにも首の体操などを取り入れたところ、驚くべきことに、
0,5以下の近視傾向にあるほとんどの方が『真上をむいて静止○分』といった形に対して、
首の筋力不足(痛い、すぐに疲れるなど)を訴えることがわかりました。


 こうして首だけにとどまらずに、全身の筋力・バランスと視力の関係の研究を進めていきましたところ、
眼科医さんでも他の視力センターでも知られていない『身体における視力回復の絶対的ポイント』
が徐々に明らかになり、その研究成果を基にした年齢別の回復プログラムを完成させる至りました。




 絶対的に重要なのは『それを行えば、
消化出来た方は誰もが良くなるのかどうか?』と言うことです。
視力低下原因解明の研究もなく、単純な目の筋トレ的な『誰もが良くなるわけではない』回復法に
賭けるしかなかったのが、これまでの視力回復の現実です。

 『視力低下の根本原因を完全に解消しながら、視力のトレーニングを行っていく』当研究所独自開発の
プログラムでは、回復期間の短さも大きな特徴の一つですが、より重要なのはその確実性の高さです。



 器械や目で見るだけのトレーニングでは、視力と共に悪化した頭首バランスなど視力低下の根本原因が、
解消されず残るために回復できない方の割合も大きく増えますが、『根本原因からの視力回復プログラム』
を消化された方で、回復出来なかった例は未だ無く、多くの方が眼鏡やコンタクトに頼らない生活を楽しんで頂けております。【
消化出来ずにリタイヤする方は残念ですが年に1、2例ございます

 近年では、身体のある部分を意識すれば『頭首の過前傾』という、視力低下の根本原因を簡単に解消する
ことが出来るレベルにまで、プログラムの完成度は上がっております。

 この、現時点で考えうる最良の視力回復法を、当研究所では『毎週の、マンツーマンの検査とカウンセリング』を中心に指導させて頂きます。



 ただ闇雲に、誰も同じ器械や眼筋のトレーニングを行うのではなく、年齢や、一人一人で全く違う
身体のバランス状態に合わせたポイント改善のプログラムを、マンツーマンのカウンセリングによって
確実に消化しながら、最新のトレーニング機器と裸眼での直接視トレーニングで、見る力を強力に
取り戻して行く・・・・・・

 これまでの回復法の不完全な点を、理論、プログラムの両面から徹底的に克服して生まれました
この全く新しい回復法によりまして、当研究所では『回復保証』を行えるまでにプログラムの確実性は
高まっております。




 便利な時代にはなりましたが、身体的には不健康なことが多い今日この頃です。
当研究所独自開発の『根本原因からの視力回復法』で、本当に元気な力のある『目』と『身体』を
取り戻されますように・・・、無料の体験のご予約をお待ちしております。


 より確かな視力回復。キーワードは『根本原因からの回復』。そして『目+身体』、です。





                                        視力回復研究所
                                       代表 山本 卓弥

〜2018年度向け追記〜

 約21年前の1997年9月、私は現在の八王子センターに着任し、この研究をスタートいたしました。
私自身の交通事故経験や、近しい整形外科医師の言葉などから、視力と首の筋力に密接な関係があることが明らかでした為、首と目の筋力を同時に強くして視力回復を行うプログラムの開発と指導を始めました。

 以来21年間に渡り、誰も研究していないこの理論の完成を目指して地道な取り組みを積み重ねてまいりました。今では視力の低下・回復と首・肩・腰・脚の身体各ポイントの筋力とバランスの関係性に疑いの余地は微塵も無く、年齢や低視力に関係なく効果のある視力回復プログラムを完成するに至りました。 現在は『いかに簡単に消化出来るプログラムにするか』が、研究の焦点となっています。

 2014年度と15年度は、4〜6月に入会された方の年度内全員回復に本気で挑戦した一年間×2でした。2016年度から昨2017年度は、研究開始20年目に、重力に対するバランスの取り方とその為に必要な筋力の回復維持方法と視力回復のプログラムを、これ以上改良の余地のない形にする所まで到達いたしました。今2018年度からは、完成した理論とプログラムを、世の中の多くの方々へ広めていく活動を始めていきます。


 20年目をめどに究極的な完成を目指してきました理論とプログラムの研究開発は、ほぼ完了いたしました。
本気で取り組んで頂ければ、
他の視力回復とはまったく違う回復方法と効果にきっと驚かれることでしょう。21年間の研究の蓄積成果を皆さんのお身体と視力を通してどうぞご体感下さい。最高の回復体験をお届けいたします。 無料の体験で皆さんのおいでをお待ちしております。

△ 中央高速をご利用の場合・・・・・八王子ICで降り、国道20号、もしくは『ひよどりトンネル』
                       を抜けて京王八王子駅前においで下さい。

△ 圏央道をご利用の場合・・・・・・・中央道まで連絡せずに、あきるのICで降りて頂き、
                       八王子方面に向かって頂くバイパスが早いです。

△ 東名高速をご利用の場合・・・・・圏央道に連絡されて、八王子方面へどうぞ。

△ お手数ですが、周辺に多数あるコインパーキングをご利用下さい。
   京王八王子駅ビル駐車場をご利用頂くと便利です。(2千円のお買い物で2時間無料です)

■ お車でおいでの場合
京王八王子駅前です・・・・地下連絡通路を使えば雨の日でも、ほとんど外に出ることなく
                    改札より3で到着です。

JR線をお使いの場合・・・・北口の大きなロータリーに向かって、右方向へ人の流れに添って
                  歩いて頂きますと、5分程で京王八王子駅ビルに到着します。

 
△駅前近辺には他にない、クラシカルな濃いレンガ壁のビル4です。
  1階はお寿司屋さんと楽器屋さんですので、ショーケースに楽器がたくさん並んでいます。

ココです      

(受付の奥に検査・トレーニング室です)

(入り口自動扉です)

■ センター内の様子
(回復機器利用室です)

□ 平日: AM 10:30〜  PM 1:30〜9:30 
        (平日のAMは予約済みのカウンセリングのみの受付です。)
□ 土日: AM 11:00〜PM 6:00
□ 祝日: 営業しております
■ 休日 毎週月曜、火曜  [ 年末年始、GW、夏季、祝日営業分休業あり ]

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ
まずは無料体験をご予約ください
ライン
■ JR線・京王線でおいでの場合
◆ 代表略歴 ◆
1991年 明治大学商学部卒業
在学中よりフィリピン・ネグロスキャンペーン委員会にて支援活動に従事
1996年 視力回復研究所 町田センター所長 就任
1997年 同研究所 八王子センター所長就任
1999年 視力回復研究所 代表就任     自身の交通事故経験より、
以後、『人間の身体における不可能なことを、可能に変えたい』
との想いで、完全な視力回復の理論とプログラムの研究開発に従事
2012年 人間誰もの身体にかかる、重力負荷を最適化する回復理論と
プログラムの完成を機に、かねてから要望があった
「頚椎症・ムチ打ち症後遺症の方専用の回復コース」を開設
2013年   「根本原因からの視力回復プログラム」(抗重力バランス・筋力理論)
の核心となる『頭部重量を支え切るための根本原因ポイント』を解明。
2017年   9月、八王子センター開業20年。
独自開発の視力回復理論と回復プログラムが、完全領域に到達。
研究開発の20年を終えて、伝えて広める20年のスタートを切りました。

(受付の上は回復機械とおもちゃ)

■ 営業時間  
住所: 〒192-0046 東京都八王子市明神町4−7−2 内藤落合ビル4F

P.S.・・・当研究所のHPは、全て代表の私の手作りとなっております。見づらい点がありましたらご容赦下さい。
    また、何よりも回復実績や理論・プログラム内容の確かさで選んで頂きたく思い、当研究所の外観はほぼ
    私が着任しました20年前から手つかずのままです。

     このHPも含め、見栄え、格好良さなど、回復実績と内容以外の点では至らぬ事があるかもしれません。
    ご不便をおかけして申し訳ありませんが、内容最優先の方針を貫かせて頂き、最良の視力回復を今後も
    ご提供し続けることをお約束いたします。

( 京王八王子駅前ロータリーに向かって左手
          1Fが下倉楽器のビルの4階

ご挨拶
営業時間、その他